3つの素材と和紙で大切な着物をカビ・シミ・湿気から守ります!

特徴

●着物に含まれる余分な水分を乾かし、シミやカビの発生を抑制します。

●和ダンスや引き出し内の湿度をコントロールします。

●しょうのうなど、防虫剤に含まれる不快な臭い、生活臭やタバコ臭、古い木材に使用された接着剤による有害物質(ホルムアルデヒド、トルエン)など、様々な悪臭に対応します。

●吸湿してもベとつく恐れもなく、また、防虫剤と併用できます。

再生について

付属の再生サインより吸湿状態をチェックします。吸湿を続けると、再生サインが青色からピンク色に変色します。天気の良い日に半日程度天日に干すと、余分な水分を吐き出し、効果が復元します。

脱臭・調湿テスト
炭ゼオシート脱臭テスト 炭デオシート吸放湿データ 炭デオシート吸放湿グラフ

※保障値ではありません

(画像をクリックするとPDFが開きます)

3つの厳選素材と和紙について

■吸湿剤 シリカゲル 
シリカゲルの主成分はケイ素と呼ばれ、天然にも存在する安定した物質です。その内部は大小無数からなるすきまより構成されます。乾燥剤で唯一、JIS規格(日本工業規格)を持つ安心、安全な素材です。平面状のプレート構造により、吸湿および放湿効率を高めたところが特長です。

■脱臭剤 ゼオライト(炭・ゼオライト和紙原料)
火山岩が変成して出来た天然の鉱物です。無数の網の目状のすきまを持ち、そこに大量の湿気やガスを取り込みます。

■調湿・脱臭 (炭・ゼオライト和紙原料)
建築廃材など混ざらず、間伐材など自然由来の材料だけを使用した安心、安全な炭です。高温で炭化させるため、吸湿、脱臭の能力に優れた特長を発揮します。使用する炭は島根県産です。

■空気清浄 和紙(炭・ゼオライト和紙原料)
優れた通気性をもつため、炭、ゼオライトの特性を効果的に引き出します。


虫干しの時期
古くから言い継がれてきた虫干しは、年間3度行うことを奨励しています。

時期による呼称は次のとおりです。
『虫干し』………10月下旬~11月
『土用干し』……7月下旬~8月上旬
『寒干し』………1月下旬~2月下旬  
おすすめ!

このうち冬にあたる1月、2月は年間を通じ空気が最も乾燥する時期です。
また、この時期は虫食いの原因となる害虫も休眠状態にあり、虫干しするには最適な季節です。
虫干しの目的
衣類に含まれる余分な水分を乾かし、カビの発生を抑制する。
着物に虫の害やカビの発生がないかチェックする。
タンスや引き出しの内部を乾燥させる。
虫干しの方法
着物を裏返して衣桁(いこう)、あるいは衣紋掛け、スタンドに、ふわっとしわにならないよう立て掛けます。

販売店様募集中!


お気軽にお問合せ下さい082-923-5080info@technos-nakata.com
営業時間 9:00-17:00

お問合せ お見積りも承ります